ファムズベビーは手荒れや手湿疹に効果なし?ハンドクリームとの違いは?

2月 21, 2019

女性なら手荒れ防止のためにハンドクリームを使ったことがないという人はいませんよね。

冬などの乾燥しやすい時期は女性のみならず最近では男性もハンドクリームを使う機会が増えているようです。

ファムズベビーはハンドクリームがわりに美容師の方が利用しているほど、保湿効果や手荒れ防止効果が高いと評判なのですが、実際のところどうなのでしょうか。

そもそも、ファムズベビーって赤ちゃんが使うスキンケアなのに、大人の肌に効果があるのでしょうか。

そんな疑問を抱かれているあなたのために、ファムズベビーを実際に使った私が、手荒れや乾燥に本当に効果があるのかどうか、検証してみたので、参考にしてみてください。

手荒れの原因とは?

しっかりケアしているのに、どうして手が荒れてしまうのでしょうか。私も「ハンドクリームを頻繁に塗っても、手袋をはめて洗い物をしても、どうしても手荒れを起こしてしまうので、ずっと悩んでいました。

手湿疹やあかぎれ、逆むけなどの手荒れ原因は、洗剤によって肌に必要な皮脂や水分が流されてしまったり、乾燥した空気に触れることによる「皮膚の乾燥」です。

また、乾燥することによって、さらに外的刺激から肌が刺激を受けやすくなるので、ひどい場合は、アトピーや皮膚炎の確率も高まってしまいます。

手荒れを防ぐためには、洗剤や乾燥した空気などの肌の潤いを奪ってしまうものに触れないようにする必要があります。

どんなハンドケアを選べばいい?

例えば、ハンドクリームは手に塗ると油分と水分の両方が肌に浸透するので、肌の乾燥を防ぐことができます。しかし、洗い物をしたりお風呂に入るたびに落ちてしまうため、何度も塗り直す必要がありますし、料理をする際には野菜を切ったり、手で食材を触ったりしているうちに料理に混入してしまいますよね?

手荒れをしている人にとって、水仕事はとても辛いもの。洗い物や料理をする時間は手が常に濡れている状態なので、こういう時こそ手肌を保護しておかなければなりません。

ワセリンや白色ワセリンを使っている方もいると思いますが、ワセリンもハンドクリームと同じく洗えば落ちてしまうので、何度も塗り直しが必要になりますし、あの独特なベタベタがちりやほこりをくっつけてしまうので不衛生です。

外出時に手袋をはめる前にハンドクリームをつける方もいると思いますが、手袋が肌に触れて軽い摩擦が起きるため、手袋の汚れや繊維が手の皮膚を余計に刺激してしまうこともあります。

手肌のバリア機能を高めるために選ぶべきハンドケアは洗ってもこすっても落ちないこと、ベタつかないことが重要。さらに長時間手肌を守ってくれるものでなければなりません。

ハンドケアの選び方洗ったりこすったりしても落ちない
ベタつかない
長時間手肌を保護できるもの

ファムズベビーは手荒れや手湿疹に効果なし?体験レビュー

百聞は一見に如かずといことで、実際にファムズベビーが手荒れに効果がないのか検証してみました。

冬になると私の手は、洗い物や乾燥によって、アトピーにまでなってしまいます。写真では少しわかりにくいかもしれませんが、手首から手の甲にかけて、赤く乾燥し、皮膚が肥厚してしまっています。

ハンドクリームでケアしていたのですが、とても治りそうにないので、ファムズベビーを試してみることに。

まず、手を綺麗に洗ってから、缶をよく降ります。缶に入っているので、中身に手が触れることがなく、清潔に使うことができます。

手のひらに出してみると、フワッフワのムース状になって出てきました。

握ってみるととてもモチモチしていて、泡がしっかりしています。握っても潰れないので、マシュマロみたいです。

ハンドクリームだとエタノールやいろんな添加物が入っている場合が多く、しみることがあるのですが、ファムズベビーは全くシミません。2、3分手の甲に置いておいても、ピリピリした感じは全くありませんでした。

泡を手になじませていきます。

泡をなじませると、サラサラになりました。表面をみてみると、潤っていて、つるんとした膜が張ってあるみたいです。べたつかないので、水で流しても、お料理しても保湿力が続きました。

結果、2週間ほどで、私の手荒れはかなりよくなりした。ファムズベビーを使う前は、手の甲を指でなぞるととてもザラザラしていて、いかにも角質がめくれあがってるという感じだったのですが、2週間でツルツルのお肌になりました。

子供の肌荒れや乾燥に使う場合、子供は代謝が早いので、2、3日で改善に向かうことが多いです。

まとめ

ハンドクリームやワセリンが必ずしも悪いということではありませんが、手荒れを早く治したいという方はファムズベビーを使うのがおすすめです。

ハンドクリームは皮膚に浸透しますが、浸透した後、実際に表皮にはほとんどハンドクリームが残っていないので、また乾燥が始まります。また、一度手を洗うと肌を保護する効果がそこで終わってしまうので、1時間後でも2時間後でも手を洗ってしまえばそこで手肌の保護力は終了です。

密着力が高く、角質層まで浸透して8時間も肌を保護してくれるので、見えない手袋のように長時間肌を外的刺激から守ってくれるんです。洗ってもこすっても落ちないので、一度塗ったら、何度も塗り直す必要がありません。

忙しいお母さんにとっては、ハンドクリームを塗り直すのも手間になりますよね。ファムズベビーは塗り直しの手間がかからないので、とても便利ですよ。

ファムズベビーは副作用なし、刺激性なし

アトピーや皮がめくれているようなひどい手荒れの場合、しみるかどうかや成分の副作用を心配されると思いますが、ファムズベビーの成分を1つ1つ調査したところ、アルコールなどのしみる成分は入っていませんし、検証実験では「刺激性なし」と判定されています。刺激性でいうと病院などで処方される白色ワセリンと同じくらいなので、とてもお肌に優しいんです。

赤ちゃんが間違えて舐めてしまっても問題ないほどの安全性が保証されていますし、ステロイドのような薬効成分は一切含まれないため、副作用の心配は全くありません。

ファムズベビーは「ビフォアケア」と言って、手荒れしていなくても、手荒れの症状が出る前に塗ることで手荒れを防止することができるので、手肌が乾燥する時期に塗り始めると早い段階で手荒れ予防ができますよ。

ハンドクリームも併用できる

ハンドクリームは肌に潤いを与えるためのものでもあります。肌に浸透させるための水分を含んでいるので、ハンドクリームを塗ってからファムズベビーを塗るという方法もありますよ。

ファムズベビーには薬効成分が含まれていないので、病院で処方されている薬を一緒にってもOKです。

ファムズベビーの特徴洗ったりこすったりしても落ちない
8時間の保湿効果
ベタつかない
副作用、刺激性がない安心の成分を厳選して配合
ハンドクリームや塗り薬と併用できる

ファムズベビー公式サイト